相続税

相続税

相続税 (そうぞくぜい) は、講学上は、人の死亡に基因する財産の移転に着目して課される税金を指し、多くの国で採用されている。
日本では、相続税は相続税法(昭和25年3月31日法律第73号)に基づき課される。なお、同法には相続税と贈与税の2つの税目が規定されているが、これは、後者の贈与税が、相続税の補完税であることによる。
相続税がなぜ課されるかについては、次の2つの考え方があるとされる。
遺産税:人は死ぬときに、生前に築いた財産を社会に還元すべきであるとの考え方。
遺産取得税:相続という偶然の事象による財産の取得を抑制すべきであるとの考え方。
上記いずれの場合においても「富の再分配」という基本思想が存在する。

WIKIPEDIAより抜粋)

RAPIDO.JPをdel.icio.usに追加する RAPIDO.JPをニフティクリップに追加 RAPIDO.JPをLivedoor クリップに追加 RAPIDO.JPをFC2ブックマークに追加 RAPIDO.JPをはてなブックマークする RAPIDO.JPを含むはてなブックマーク このblogをはてなアンテナに追加